■ e・x・y インデックスへ戻る 
 
楽しく飾る、街並。比企ハンギングフラワー愛好会 〜美しい壁掛けの花かご
トップページへもどる 比企ハンギングフラワー愛好会のご紹介 ハギングフラワーの作り方 お問い合わせ、ご入会フォーム
 
ハンギングフラワーの魅力
 
ハンギングフラワー(左)とガーデンフラワー(右)との違い
ンギングフラワーとはハンギングバスケットとも呼ばれ、バスケット(かご)に花を植え、吊り下げたり、掛けたりして飾る花の装飾方法のひとつで、イギリスではじまりヨーロッパで非常に人気のあるオーソドックスな花の展示方法で、あえて日本語に訳すと「空中花壇」と言えるでしょう。

るしたり掛けて楽しめるハンギングフラワーは、日本のような都市環境や狭い公共空間、狭い個人の庭などに最適と言えます。特に日本では大阪花博(1990年4月1日 〜 9月30日)以後、バスケットの器の改良などで、より多くの人が楽しめるポピュラーな花飾りになってきました。

コンテスト会場の様子
年11月初めに開催される、3日間で延べ9万人が参加する日本最大のウォーキング大会「日本スリーデーマーチ」のメイン会場となる東松山市では、「花とウォーキングのまち」としてまちづくりが進められてきました。

達、比企ハンギングフラワー愛好会では、ウォーカーを歓迎するため、商工会や商店会連合会に協力して多くのハンギングフラワーを設置してきました。

場ではコンテストも行われ、毎回80台前後の応募があります。埼玉県知事賞はじめ各賞があります。

埼玉県知事賞・受賞作品

【参考】
 ●日本ハンギングバスケット協会(JHBS)公式サイトはこちら
▲このページのTOPへもどる